Now
Next
Past


CORRESPONDENCE/LANDSCAPE 2018
selfscape

隼田大輔 個展
"Golden Sheep"

2018.7.7 sat - 7.28 sat


OPEN 12:00 CLOSE 19:00
日曜・祝日・最終日 18:00まで / 月・火曜日 休廊
オープニングレセプション7月7日(土)18:00~20:00


工房親が企画し、クボタタケオ・アートディレクターと組み主催してきた
「CORRESPONDENCE / LANDSCAPE」はもう20回を超えている。
2018年は、以前にも登場してもらった隼田大輔の個展とする。


"Golden Sheep"

2009年、私はパリからロンドンへ向かう列車に乗っていた。ドーバー海峡を抜け、イギ
リスの国土が見えてくる。夕方の霧が、幽霊のように辺をさまよっていた。海にそびえる
崖の上には閑散と木々が並んでいる。私は白く霞んだ景色の中に小さな点をいくつか見つ
けた。「あれは何だ?」と目を凝らすと、羊だった。私は生まれて初めて羊を見た。列車に
乗っている一瞬の出来事だったが、霧に包まれた羊のいる光景の美しさは私を魅了した。

芸術にとって重要な観念である「美」という文字は、「羊」から誕生したという説がある。
洋の東西を問わず、古代において羊は日常的な食料や衣服に使われるだけでなく、神への
犠牲として捧げられていた。その重要性が「美」という抽象概念に結びついたと想像する
と、私がイギリスで見た光景は「美の起源」と言えるのかもしれない。

日本において、羊が定着したのは明治近代以降である。それ以前にも羊の繁殖が試みられ
たが、寒冷地に住む羊が日本の温暖湿潤な気候に適応できなかった。天平勝宝時代 (749-
757)の絵画に、正倉院の『羊木臈纈屏風』がある。ペルシアから伝わってきた絵画様式を
模したものと考えられているが、私には、羊を見たことのない日本人が、脳内のおぼろげ
な輪郭を表現したものに見えてしまう。そして、その画像は私の脳内において、イギリス
で見た霧に包まれた羊の記憶と重なった。この絵画が制作されて1260年あまり経過してい
る。今後の劣化によってその肉体が消えてしまう前に、それに代わる羊を創造するのが私の
役目であると、いつしか思い始めた。


アートディレクター クボタタケオ

landscapeからselfscape …風景表現は当然のごとく表現者の知覚が作用しているため、
様々なイメージを産み出し、それが時代や環境にシンクロしてヒトの共通する記憶とし
て変換され継承される。今回の隼田大輔の風景はその作用をさりげなく見せつつ、澄ん
だその光の世界は我々の前に新鮮な美として表示される。光の記憶としての風景…風景
のそのカタチに見えるものを定着しつつ、見えないものをも強く引き出している。これ
は作者・鑑賞者と風景の外的・内的関わりの相関関係により熟成され普遍化した場その
ものであろう。



略歴

隼田大輔

1981 兵庫県生まれ
2002-2003 フランス滞在
2005 横浜市立大学商学部社会学専攻卒業
2009 「うばたま」ギャラリー工房親, 東京
2010  ALLOTMENT TRAVEL AWARD 受賞
2012  写真集『うばたま』(私家版)出版
2016  「Golden Sheep」PDN EXPOSURE AWARD 入選
2016 STEIDL BOOK AWARD JAPAN 入選
2017 「Golden Sheep」POND GALLERY

など、他多数
2016 © Gallery Kobo CHIKA All rights reserved